News

北沢クラスは、今年で30周年を迎えます


クリックで拡大

 11月5日(日)13:00より、才能教育会館ホールにて、北沢クラス30周年記念のコンサートを行ないます。今年は、スズキ・メソードの原点にかえり、「グループで育つ」を目標に掲げて皆でお稽古に励んでおります。
ぜひ聴きにお越しください。

 
 
 
 
 
 
 


News

スズキ・メソード ヴァイオリン五島クラス・チェロ北沢クラス
30周年記念コンサートを開催しました!


クリックで拡大

  7月23日、才能教育会館ホールにて、松本支部のヴァイオリン科の五島クラス、チェロ科の北沢クラスが、教室を開設して今年30周年を迎えるにあたり、合同で記念コンサートを行ないました。松本支部出身でヴァイオリンの桐山建志先生、ピアノの伊藤英氏を迎えて「3大Bの調べ」と題し、バッハ、ベートーヴェン、ブラームスの名曲を演奏しました。新しくなった会館ホールに大勢のお客様がお越しくださり、満席となりました。私は、ブラームスのピアノ五重奏曲を演奏させていただきました。

 
7月23日(日)14:00開演 
才能教育会館ホール
【入場料】大人:3,000円、学生:2,000円

クリックで拡大

曲目

・バッハ:パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825(ピアノ:伊藤英)
・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 Op.47
 (ヴァイオリン:桐山建志、ピアノ:伊藤英)
・ブラームス:ピアノ五重奏曲 へ短調 Op.34
 (ピアノ:伊藤英、Vn.1:桐山建志、Vn.2:外山陽子、Va:五島美佳、Vc:北沢加奈子)
【問】tel.090-3470-3147(五島)、tel.090-1404-4284(北沢)





News

北沢クラス・塚尾クラスの合同グループレッスン


 6月25日(日)、北沢クラス、塚尾クラスで合同グループレッスンをしました。初めて参加の生徒さんが3人! 上手にごあいさつ、リズムができました。上級生のお兄さん、お姉さんも拍手。 楽しかったです。
 
 


News

第17回泉の森ジュニアチェロコンクールで
北沢クラスの金井遥香さんが小学生の部で金賞を受賞


金井遥香さん

 
北沢クラスの金井遥香さん(小学6年)が、5月4日(木・祝)大阪府泉佐野市立文化会館(エブノ泉の森ホール)小ホールで開催された「第17回泉の森ジュニアチェロコンクール小学生の部」で金賞をいただきました。湘南センター教室の佐藤明先生のクラスに通う藤原寛太くんとの同時受賞となりました。演奏曲目は、次の通りです。
・課題曲 SCHROEDER(シュレーダー)エチュード71番
・自由曲 サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調Op.33より第1楽章
→第17回泉の森ジュニアチェロコンクール入賞者一覧
 
 金井遥香さんの感想です。
ホールが、すごく響いたので、弾いていて気持ち良かったです。緊張もせず、いつも通りの演奏ができました。金賞をもらえて、びっくりしたけど、すごくうれしかったです」
 
 
 
 
 
 


北沢加奈子

Kitazawa Kanako


子どもたちは年齢、教室を問わず、皆仲が良く、大きな生徒は小さな子の面倒を見るのが当たり前になっています。音を立派にすることで他の能力も育っていく、まさにスズキ・メソードの一番大切なところを皆が実践してくれています。巣立っていく生徒さんは自分の好きな道を見つけ、映画監督、宝塚歌劇団、スズキ・メソードの指導者、チェリスト、医者、教師など、いろいろな分野で活躍しています。
個人レッスン月3回、グループレッスン1回(日曜日に開催)。クラスの独奏会も行なっています。スズキ・メソード チェロ指導曲集(全音楽譜出版社)を中心に行ないます。どうぞ気楽に教室を訪ねてください。ご連絡お待ちしております。楽器に関して、あるいはレッスンの費用などについても、お気軽にお問い合わせください。
  
プロフィール
長野県小諸市出身。3歳よりピアノを始める。信州大学医療技術短期大学部衛生技術学科に入学し、信州大学交響楽団にてチェロを始める。林峰男、山崎伸子、鈴木鎮一各氏に師事する。1987年に才能教育音楽学校(現在の国際スズキ・メソード音楽院)を卒業し、チェロ指導を始める。1989年ユーゴスラビア、 1999年イギリスでのサマースクールに参加し研鑽を積む。1994年より5年間、信州大学にて伴奏法の非常勤講師を勤める。2005年~2010年国際スズキ・メソード音楽院チェロ科講師を勤める。 演奏においては、ソロ、アンサンブル、オーケストラなど幅広く活躍。また、 老人介護施設などへボランティアで月に数回訪問演奏を行なっている。 2011年以降、東日本大震災復興支援のためのチャリティーコンサートを行なっている。 現在、松本室内合奏団首席チェロ奏者、Ensemble Reve主宰、佐久演奏家協会会員。 才能教育研究会チェロ指導者として松本、上田、小諸で教室を開いている。
レッスン日 水曜日・木曜日・金曜日 月曜日 土曜日
会場 松本市深志3-10-15 
スズキ・メソード研究所 →地図
上田市中央北 西澤様宅 小諸市和田 北沢方
最寄駅 隣接有料駐車場あり
(割引券あり)
JR「上田」 JR長野新幹線「佐久平」
連絡先 0267-24-5080
0263-32-1611
 スズキ・メソード松本支部

 

生徒さんとご両親からの声
  かなこ先生、いつもありがとう。かなこ先生と一緒に曲を弾くのが楽しいです。(千拓-6 歳-より)
 
  今年で7 歳になる我が子。3 歳の冬よりチェロでのレッスンでお世話になっています(0〜3 歳児コースを含めるともう少し長く!)。レッスンを始める時に勝手に夫婦で思っていたことは、小学校になるまでは続かないかなぁ?でした。そう思うほどに、0〜3 歳児コース時代を含めて落ち着きも集中力もない我が子でした。ところが先生のもとでレッスンを続ける間に、いつの間にかレッスン中に座り続けることができるようになり、きちんと先生の話を顔を見て聞くようになり、そしてグループレッスンでは、より小さな子の面倒を見るようになり、親の心配をよそに、みるみるうちにしっかりしてきました。
 それとともに、チェロの音もしっかりとしたものに。これはひとえに加奈子先生が年齢や奏力に合わせて、じっくりと粘り強く子どもと向き合ってレッスンの時間を大事にしてくれたからこそだと感じています。そうやって育ってきた、より上級生の中でグループレッスンをすることで、良い影響がそのまま次の世代へと受け継がれる環境もまた、すばらしいと思います。北沢先生のクラスの今後ますますの発展を期待して、日々の子どもとの練習をがんばっております。(千拓父母 より)

生徒さんからの声
  れんしゅうは たいへんだけど、いいおとがでたら うれしいです。(たけいゆうと より)
 
  チェロで毎日練習して、「こうしたらいいかな」とか、そういうところをがんばって、チェロのレッスンをやりたいです。(井内智淳 より)
 
  チェロの響きがとっても良い。練習はあまり好きではないけれど、でも弾くと、けっこう楽しく弾けます。(匿名さん より)
 
  私曰く、チェロ、私の師なり と。
私曰く、チェロ、私の友なり と。
之何ぞチェロ細く長きにわたり続けざらんや(大山匠飛 より)
 
  毎日、CD を聴いて、「この曲をひけるようになったよ」「これはいつになったらひけるかな」と短時間の練習ではあるものの、弾ける曲が増えてきて楽しんでいます。先生の丁寧な指導を受けて、深みのあるチェロの音を響かせてレパートリーが増えることを期待しています。(平林 より)
 
  このクラスでは、先生もお友だちも、お母さんやお父さん方も、一人ひとりの良い所を見つけて認め、見守ってくださる温かいクラスです。合奏レッスンではお兄さんたちと演奏が一緒にできるのが楽しみで、その後もあるお楽しみ会でお話しができるのも、親子ともども張り合いになっています。(匿名さん より)
 
  厳しさと優しさの絶妙なバランスにひかれ、6 年間経ちました。出来なかったことが出来るようになるということは、何才になってもうれしいことです。(飯沼健樹 より)
 
  内田洋さんのフォーレは美しい音色でした。私もその高みをめざして練習にはげみたいと思っています。(石塚秀雄 より)
 
  チェロを続けてよかったことは、たくさんの仲間と出会えたことです。やはり一人でひくよりも大勢でひく方がとても楽しいです。(宮林希 より)
 
  私はチェロの美しい、ひびく音が大好きなので、きちんと練習をしてひびく美しい音にしたいと思っています。(鹿島菜央 より)
 
  クラスの良いところは、先生がいつもレッスンをしっかりとしていて気がひきしまることです。チェロに対する思いは、練習すればすぐに上手になるのがおもしろい所だと思います。(田中秀樹 より)

母親からの声
   毎日の家でのおけいこについて、5 歳児にどのように伝えたらよいか、レッスン中に詳しく親への指導があり、親自身も楽しく子どもとチェロを学んでいます。じっくりと子どもと向き合い、親と同等の愛情を注いでくださいます。様々な年代のお子さんが同じ目標にむかい、がんばり、励まし合う姿、上の年代のお兄さんお姉さんの面倒見のよいところに、とても助けられています。チェロのレッスン、日々のおけいこ、グループレッスン、夏期学校、とチェロを通して、子どもとの関わりがより親密になり充実しました。(細井昂明-5歳- の母 より)