平波華映

Hiranami Kae


  一回一回のレッスンを大切に。生徒さん、親御さん、私。三人で様々な気持ちを共有し、ともに成長してまいりたいと感じております。

 鈴木鎮一先生の「親の笑顔は子の笑顔」。私の大好きな言葉です。ぜひご一緒に笑顔あふれる温かい時間を育んでまいりましょう。
 
 月3回の個人レッスン、月1回のグループレッスン。スズキ・メソードのヴァイオリン指導曲集を中心に行なっています。その他、クラス独奏会、合宿、発表会を開催しています。大人の方も大歓迎。お気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。
  
プロフィール
4歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始める。松本県ヶ丘高等学校を経て、武蔵野音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。松本、塩尻にて指導にあたっている。サロンコンサート・オーケストラなど、演奏活動も行なっている。

レッスン日 月曜日 火曜日・水曜日・木曜日・土曜日
(その他の曜日もご相談に応じます)
会場 松本市深志3-10-15 
スズキ・メソード研究所 →地図
塩尻市大門66-10 →地図
最寄駅 JR「松本」徒歩15分 隣接有料駐車場あり(割引券あり) JR「塩尻」 無料駐車場あり  
連絡先 080-3006-0564
0263-32-1611
 スズキ・メソード松本支部

 

News

恒例の合宿9/5、そして保護者茶話会9/12を開催しました

210905-1.jpg 210905-6.jpg 210905-5.jpg 210905-2.jpg 210905-4.jpg 210912-2_20210920154305034.jpg 210912-3.jpg 210912-5.jpg  
 
 今年のクラス合宿はぜひ対面で!と、直前まで模索しましたが、今年もやはりオンラインでの開催となりました。画面上であっても一堂に会した数時間は、それぞれに刺激を受け合い、楽しい時間となったようです。
 
 恒例!最後のお楽しみタイムを目標に、みんなで張りきってがんばりました!(最後の全員での写真撮影をうっかり^^; 忘れてしまったので、8月のグループレッスン写真も併せてアップします)
 
 そしてその翌週は・・・『オンライン保護者茶話会』と題して、保護者の皆さんと有意義な時間を過ごすことができました。(今回は保護者の方の感想を掲載します)予定時間を大幅オーバーの白熱談義、この私が一番皆さんからパワーをいただきました!
 

 オンライン茶話会に初めて参加させて頂きました。普段のレッスンでは聞けない華映先生のお話や、なかなか会ってお話しする機会がない保護者の方の体験談が聞けて凄く近くに感じられました。
 華映先生のレッスンでやる気がグンと上がって、グループレッスン(今回はオンライン合宿)で、さらに他の先輩生徒さんの姿が見られ、刺激されて練習にもプラスの効果が出ますが、低迷したり...を繰り返しています。一番がんばっているのは、子ども自身なので、お稽古は、親子で二人三脚でできるように、親の私に心の余裕が作れれば、もっと有意義にできるじゃないかと茶話会後に感じました。
 早速、月曜日の練習から「🎻の時間だけど、どうする?」とボールを子どもに渡して、練習の内容もやりたいことをさせてみました(ニンジンはぶら下げましたが笑)...。意外とスムーズに行って本人も満足そうだったので試行錯誤で続けてみます。欲を言えば、あれもこれも練習したい所ですが、毎日の積み重ねが大切なのでヴァイオリンを触らせるだけでも◎と思い始めた所です。
 最後に、子どもがヴァイオリンと出会ったことで華映先生とのご縁に繋がり、そこから親子の世界も広がり続けています。折角の出会いなので楽しく、華映先生にお力をお借りして、親子で歩んでいきたいと思います。今後ともご指導よろしくお願いいたします。悠翔(年長)母

 

 オンライン保護者茶話会に参加しました。鈴木鎮一先生の著書『愛に生きる』を読み合わせ、共有した後に、日頃の稽古や子どもの気持ちや心の変化について語り合い、最後にはなんと大人のビンゴゲーム!で、盛り上がったあっという間の3時間(厳密には2,5時間デス!by平波)でした。
 この時間のなかで、華映先生の的確なご助言にどれだけ頷いたことでしょう。特に復習の重要性について、「子どもの意識に寄り添いながら、稽古を重ねることで到達することできる境地を我々大人たちがどのように伝えていくことできるか」という観点で話し合った場面では多くの気付きを得ることができました。たとえうまくいないところがあっても、「今日は○○が良かったよ」「明日も挑戦してみよう」と事実をほめてあげること、決して他の子と比べる(ヨコにみる)のではなく、子どもの日々の成長(タテにみる)をほめることによって子どもの自己肯定感を高め、量稽古に繋げていくことができるのだと改めて感じました。
 華映先生、そして日頃から和気藹々かつ真剣にお話することのできる平波クラス保護者の皆様との出会いに感謝の気持ちをあらたにするところです。
 充実したひとときをありがとうございました。  美尋(小3)父


News

2021年7月16日(金)≪ただいま見学中♪

 

 RちゃんとKくん、二人そろって、Sくん(Rちゃんのお兄さん)のレッスンを毎回見学しています。およそ2ヵ月前と比べると、ずいぶん集中力が付いてきました。ちなみに、左の写真は5月、右の写真は7月に撮影したものです。

 毎回Sくんが奏でる復習曲に体を揺らして、二人ともヴァイオリンの時間を楽しんでいます。

 『継続は力なり』、本格的にレッスンをスタートさせる前のこの見学の時間は、お子さんと親御さんにとって、ヴァイオリンをもっと身近に感じられるようになり、レッスン前の導入としてとても素敵な時間だな、と改めて感じています♪
 


News

2021年6月9日(水)≪離れていても・・・💛

 

  今年の3月に高校を卒業したCちゃん。
この6月からカリフォルニア州の大学に留学します。
小学校高学年からヴァイオリンを始めて、一緒にコツコツ歩んできました。
昨春コロナ禍での数週間の渡豪、『こんな時に!』と私は必死で止めましたが、 本人聞く耳持たず(^^;・・・
きっとこの経験がCちゃんの留学の気持ちをさらに高めたのでしょう。
語学もがんばり、見事、今月から希望の国でのスクールライフです。
Cちゃん、ヴァイオリンレッスンは引き続きZoomで行なっていきます。
たくさんたくさん、いろんなことを吸収して、充実した学校生活を!
Zoomで会えること、いろんなおしゃべりができること、先生はとても楽しみにしています。

 


News

2021年1月31日(日)お弾き初めグループレッスン『教本リレーコンサート♪』

210210-5.jpg 210210-7.jpg 210210-6.jpg 210210-4.jpg 210210-3.jpg 210210-2.jpg 210210-1.jpg  
 1月31日、感染が拡がってきていることもあり、Zoomにて教本リレーコンサートを行ないました。以前、他の楽器科の先生から、教本の曲を1巻からみんなで弾くコンサートをしています、とお話を伺い、昨年から平波クラスでも取り入れさせていただいています。
 
 名前の通り、開始から延々、時間の許す限りひたすら教本曲を皆で演奏します。自分の弾けない曲になったら、画面上のお兄さん、お姉さん、お友だちの演奏をおうちの方と一緒に聴きます。いわば一つの演奏会です。
 
 「お気に入りの曲を見つけたら、用意した紙に書いてね」、と話したところ、後日、たくさんの曲名を書いた紙を何人もの生徒さんが見せてくれました。小さな生徒さんも、聴ける聴けないにかかわらず、こんな日々の経験の積み重ねから、いろんなことを学んでいけたらいいなと感じます。
 
 最後は・・・またまた即席ゲーム大会!部活で一曲も間に合わず、最後に駆け付けたKくんが勝ったり、子どもよりお母さんの叫び声が響いたりと、いつもの如く楽しいひと時となりました。
 
 今後も対面とZoom、うまく使い分けて皆で楽しみたいなと、また次回を心待ちにしている私です!!!
 

 教本リレーコンサートのグループレッスンでは、1巻から4巻までずっと華映先生のきれいな音を聴きながら弾いたり聴いたりできて嬉しかったし、たのしかったです。クラスのお友だちと会えないのはさびしいけれど、違う場所にいても、同じ時間に同じ曲を演奏したりきいたり、音楽を通してみんなが一体になっている感じがして、そこに自分がいることが嬉しくなりました。(みひろ 小2)

 

 今年初めてのZoomグループレッスン、教本リレーコンサート、娘はたのしみで指折り当日を数えて心待ちにしていました。一方で家族は「予定時間は3時間、果たして集中力が持つかしら」と内心気がかりだったのですが、それは杞憂でした。
 グループレッスンが始まるやいなや、Zoomに映し出されるクラスの仲間の姿に「○○ちゃんいたー!早く皆で会いたいね!」と嬉しい様子。キラキラ星に始まったコンサートは既習曲を張り切って演奏した後、これから学習する作品を楽譜をみたり、お兄さんお姉さんの演奏をみて「あんな風に弾きたい」「あの作品を弾けるようになりたい」とおもいを強くしていました。演奏の後のゲームも楽しくあっという間の3時間だったようです。
 様々な制限のある生活のなかで、たのしく、しっかりお稽古できる環境と工夫を日々与えてくださる華映先生に感謝の気持ちでいっぱいです。クラスが一堂に会して賑やかに音楽を奏でられる日が待ち遠しいです。(みひろ母)

 


News

2020年12月20日(日)グループレッスン♪

201220kae1.jpg 201220kae2.jpg 201220kae3.jpg 201220kae4.jpg 201220kae5.jpg  
 毎年恒例のクリスマスグループレッスン。いつもはみんなでゲームを行なったり、美味しいケーキを食べたりするのですが、残念ながらそれは来年のお楽しみですね。
 
 今回は久しぶりに宝くじコンサート!!!
 くじを引いたお友だちは、前に出て、サンタ帽子をかぶって、立派な姿勢のサンタ先生です。先生になると、どの子も姿勢がピッと引き締まって、見ていても気持ちが良いですね!
 
 今年は思いもかけず、いろんな制限の中での活動でしたが、新しい発見や学ぶこともたくさんありました。
 
 来年は、クラス皆で顔を合わせてのレッスンが、たくさん、たくさん行なえることを願って🌠良い年となりますように。


News

2020年11月22日(日)クラスコンサートを開催しました♪

201122-1.jpg 201122-2.jpg 201122-3.jpg 201122-4.jpg 201122-5.jpg 201122-6.jpg 201122-7.jpg  
 この状況下、今夏の時点では、いつものような演奏会開催は難しいだろう、と、考えていましたが、クラス生徒保護者、周囲の皆様のおかげで、ホールでのコンサートを開催することができました。
 
 このイベントを通してまた一つ成長した子どもたちの様子を目の当たりにして、喜びと同時に、改めて、周囲の皆様のご理解ご協力に深く感謝申しあげます(生徒保護者の感想、そして、コンサート開催に向けて、やっと対面レッスンが可能になり行なえた11/8のグループレッスン風景、そして本番当日の写真をアップさせていただきます)。
 

何度も繰り返し練習をがんばりました。本番では練習した通りに弾けてよかったです。上級生の演奏がとてもきれいで、私もあんな風に弾きたいと思いました。(陽希 小2)

 

5回目の発表会を迎え、明らかに今までとは違う意欲が芽生えているのを感じられた発表会でした。今までは、家でのおけいこ時に私から指摘されるとヘソを曲げたり、思うように弾けないともうやらないと言って投げ出したりすることもあり、私も頭を悩ませることも多々ありました。しかし、発表会の数ヶ月前から、おけいこも自分から始めるようになり、先生に注意された箇所を進んで反復練習するようになったりと、練習の手応えを感じてか楽しそうに弾く姿が多くなりました。本番では、練習の成果が出せたと、一つ自信になる経験ができたことを嬉しく思います。上級生の演奏を聴いて刺激を受けたのか、発表会の後からはおけいこ時間も長くなり、もっと弾けるようになりたいと意欲を見せている姿も頼もしく、これからが楽しみです。コロナ禍の中でも、このような成長を感じられる発表会の機会に恵まれましたことに心より感謝いたします。(陽希 母)

 

今回の発表会では久しぶりに多くの子たちが集まり、やはり生の音は良いなとしみじみ感じました。グループレッスンが少なかったせいか、自分の子も周りの子もいつも以上に成長を感じられ、楽しい演奏会でした。(かずきともみ父母)

 

アンサンブルが楽しかった。独奏は今までで一番上手くできました。(かずき 中2)
終わった後のお食事会がなくて残念だった。ネクタイを締めるのとアンサンブルが楽しかったです!(ともみ 小6)

 

News

2020年9月13日(日)今年の合宿は・・・オンラインZoom合宿!!!

 

  9月13日(日)、オンラインZoom合宿を開催しました。毎年いつもこの時期、場所を移してのクラス合宿を行ないますが、今年はこのような状況、対面は難しいかな、平波クラス初、Zoomでの合宿となりました。

 
 
 
 スケジュールは、なるべく対面の時と同じ流れで、朝から夕方までの充実した、あっという間の一日でした。こんな時に限って、対面ではあり得ない^^; 接続トラブルも発生!どうなることかと平波ドキドキでしたが、接続回復後には、必ず皆さん、一人も欠けることなく画面上に戻ってきてくれて、そんな些細なこともほっこり嬉しくなってしまう、みんなとの幸せなひと時でした。
 

 さあっ!いよいよ10月からは対面のグループレッスンを行なうことが可能に。そして、11月22日はクラスコンサートです。今度はコンサートに向けて、がんばってまいりましょう!!!
 

 みんながいろんな曲を弾くのを聴いたり、一緒に演奏できて楽しかった。
(みおん 4歳年少)

 

 多くのイベントが中止になる中、オンラインでの合宿を企画していただき、レッスン以外にも保護者の時間、ビンゴ大会など親子でとても有意義な時間を過ごすことができました。他の生徒さんの演奏を聴くことで、自分もこの曲を早く弾けるようになりたい、と目標を持つこともできたようで、合宿後の練習は今までより気合いが入っているようです。最後のお楽しみのビンゴ大会も、先生に工夫していただき、とても楽しむことができました。ありがとうございました。(美音 母)

 

 とても楽しかったです。オンラインは姿勢や足は見えないけど、その分、自分で気をつけて良くしよう、と思いました。手や弓については先生がよく見ていてしっかり注意してくれたので良かったです。合奏はできなかったけど、一人ひとりの音を聴くことができたのも良かったです。最後のビンゴ大会もとてもワクワクして楽しかったです。何が当たるかな?早く本当のみんなの音を聴きたいです。その日が楽しみです。(志帆 小4)

 

 オンライン合宿と聞いて、どんな会になるのか想像ができませんでしたが、実際はとても充実した時間でした。Zoomでレッスンのお友だちのお顔がPCにずらっと並んだときの娘の、とても嬉しそうな笑顔!「わぁ!みんないる!」とやる気が出た様子に、私も嬉しくなりました。久しぶりに小さなお友だちの弾く姿をみて「大きくなったな〜上手になったな〜」と嬉しくなったり、大きなお兄さんお姉さんの演奏に「さすがに姿勢や腕の動きが違うなぁ」と見入ったり・・・親の私にとっても、レッスンタイムがあっという間に感じられました。

 「華映先生と保護者の会」も、とても楽しく勉強になりました。華映先生のお話は、指導者としての、そしてお子様を育てる一人のお母様としての愛に満ちていらして、どの言葉もストンと胸に落ちてきます。朗読いただいた鈴木鎮一先生のお言葉にも考えさせられ、レッスン後、すぐに本を注文してしまいました。保護者の皆様からは、お子さんの練習の様子や、お子さんとの関わり方のお話をお聞きできて、我が身を反省することしきりでした。とても楽しく充実した時間を親子で過ごすことができました。
 企画運営してくださった華映先生、役員の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。(志帆 母)


News

2020年7月26日(日)オンライングループレッスンを行ないました♪

 

  前回はレッスン終了後、上級生皆でZoom茶話会を開きました。

 各自、好きなものを飲んだり食べたりしながら、画面越しに、クラスの仲間で他愛のない話で盛り上がりました。生徒から元気をもらい、私が一番楽しんでいました(^^♪。またぜひ!開催しましょうね!
 
 
 
 さて今回は、各グループ、レッスンの最後に、即席くじ引きゲームで盛り上がりました。画面越しというのは、対面と違って、また別の意味でのワクワクドキドキ感があり、おけいこ以上に集中している子どもたち、とても可愛らしく、これからもおけいこの中に、こんなお楽しみの時間を(毎回とはいきませんが(^^ゞ…)作れたらいいなと思います。

 
 

 みんなと一緒にヴァイオリンを弾いたり、おみくじ(景品の当たるくじのこと)を引いたり、写真を撮ってもらったり、みんなのお家が映ったり、1人で弾くのは緊張したけれど、とても楽しかったです。(晋太郎 5歳・年長)
 
 通常のグループレッスンよりも人数を絞って指導してくださって、割と集中してレッスンを受けていたように思います。オンラインでも、1人ずつの音を聴くことができたり、先生の演奏と合わせたり、できることはいろいろあるなぁと感心しました。また、事前にお便りが届いたり、楽しい工夫もあって、嬉しかったです。日々の練習は大変ですが、日常に音楽があることに改めて感謝。オンラインでのレッスンを継続してくださって、それが親子ともに心の癒しになりました。(晋太郎 母)

 

 Zoomでのグループレッスンでは、普段あまりやらない音の出し方の練習など基本的な事の復習ができて、とても勉強になっています。先生がレッスン内容を工夫してくださるおかげで、飽きずに楽しくできています。いつまでこの状況が続くか分からないですが、みんなで集まれる日を楽しみに一回一回のレッスンを大切にしていきたいと思います。(ほのか 高2)
 
 なかなか思うようなレッスンができない状況の中、先生が毎回工夫を凝らしたレッスンをしてくださり、本当にありがたく思っております。前回は、くじ引きでプレゼントを用意してくださったそうで、娘も喜んでいました。この期間だからこそ、できる経験もあると思います。コンサートができる日を楽しみに、日々のレッスンを怠らず、前に進んでいけたらと思います。これからもよろしくお願いします。(ほのか 母)

 


News

2020年6月28日(日)2回Zoomグループレッスン開催!!!

 

  新型コロナ感染拡大防止策として、平波クラスも4月から約2か月間のオンライン個人レッスンを実施しました。オンラインのメリットもたくさん発見できましたが、学校関係の休校措置が解除され、久々に生徒さん、保護者の皆様に会えた喜びはひとしお、普通に対面レッスンできる喜びを感じています。

 
 
 さて、そうは言っても、まだまだ油断は禁物、5月、6月と月1回のグループレッスンは意を決してZoomで開催!
 

 6/28(日)、第2回目のZoomグループレッスンを開催しました。4グループに分け、次から次へと行ないましたが、2回目ということもあり、私もみんなもだいぶ慣れてきたかな??? 先の見通しは立ちませんが、できることからトライ、皆で楽しく乗り切ってまいりましょう!!!


News

2019年11月23日(土・祝)平波クラスのコンサートを開催しました!

191123-1h.jpg 191123-3h.jpg 191123-4h.jpg 191123-5h.jpg 191123-7h.jpg 191123-2h.jpg 191123-6h.jpg
3歳〜大人の生徒さん、この日のために、ソロやアンサンブルのおけいこを重ねてまいりました。
当日は、皆で心を一つに、ホールいっぱい豊かなハーモニーを響き渡らせることができました。
終了後のお食事会も楽しみの一つ、また来年も楽しい充実した一年となりますように。
 

 楽しく、上手にひけてよかった。(そうた 年長)
 
 自分の演奏は止まってしまったけれど、先生の音をしっかりと聞けて最後は先生とそろえられてよかったです。演奏会の後のお食事会で、ふだんしゃべれない子とおしゃべりできてよかったです。(ちほ 小4)
 
 平波先生のお教室は、子供たちみんなが仲が良いので、私も我が子だけでなく成長を楽しみにしています。コンサートですから緊張してはいますが、そんな中で垣間見えるその子らしさにとても癒されました。最後のお辞儀まで緊張している子、リラックスした表情で弾いている子、おぼつかないリズムからの元気な俳句の声。一生懸命真剣に演奏する子供たちの目は、本当にまぶしかったです。そして、そんなきらきらを沢山もらって、私も慌ただしい日々を元気に過ごしていきたいと思います。(千穂&聡太 母)

  

 たのしかったです。つぎのコンサートでは、たくさんきょくをひきたいです。かえせんせいがそばにいてくれてたので、あんしんしてひけました。(すみれ 年中5歳)
 
 グループレッスンでも通常レッスンでも、そして自宅でも、娘の弾いている姿を見ることは無に等しかったので、コンサートで堂々とヴァイオリンを弾き、俳句を詠む姿に感動しました。ここまで導いてくださった先生にとても感謝しています。娘がヴァイオリンを弾く姿をまた見れることを楽しみにしています。(すみれ父)
 
 コンサートを終えて、とにかく『あー良かった〜』とほっとしました。出る直前まで、「皆の前で弾くのは嫌。ママがいない所で弾くのは嫌」と言っていた娘(パパがヴィデオを撮るのも嫌…)。かわいいドレスに着替え髪を結うと、少しモチベーションが上がりますが、他にもあの手この手で気分を盛り上げます。「たくさん練習してきたから大丈夫だよ。去年もできたから今年もできるよ。先生がそばにいて全部してくださるから大丈夫だよ」大丈夫の言葉にうんとうなずく娘。
 コンサートが始まって、お兄さんお姉さんたちの奏でる斉奏が美しく、背筋をピッとのばして聴き入って(見入って?)いました。そしていよいよ独奏タイム。自分より小さい子たちがヴァイオリンを構えて、一曲じっとしていたり、リズムを発表したりする姿を見て、やっとスイッチが入りました。
 この一年、半分以上はレッスンに行っても、楽器を構えることも弓を持つこともないまま、恥ずかしいと床にごろごろ。ごあいさつだけしてシールをもらう日もありました。家でも、ヴァイオリンを構えるのに何時間もかかり、親の方があきらめてしまいそうに。
 でもとにかく、『キラキラ星を一曲CDと同じように弾けるようになるまでは絶対やめない』ことを私自身が決めて、娘に伝えると、だんだんと家庭でのおけいこ、先生とのレッスンが形になっていきました。ようやく弦を押さえ、キラキラ星のような音楽になっていることに本人が気づいた時から、「ヴァイオリンする」と言って自分でケースを開けたり。そんな一年を過ごしたので、他のお子さんの発表を見て、『私もできる、大丈夫』と思ったのでしょう。本番、堂々と演奏することができました。
 「キラキラ星が弾けたからやめる」と言われるかもしれないと思っていましたが、娘のコンサートの感想を聞いてほっとしました。『もっともっとたくさんの曲が弾けるようになりたい』そうです。時に優しく、時には距離を保ち、「大丈夫ですよ」と励ましてくださる先生に心から心から感謝しています。(すみれ母)

 


 


News

2019年9月1日(日)平波クラスの合宿を開催しました!

190901kae1.jpg 190901kae2.jpg 190901kae4.jpg 190901kae3.jpg 190901kae5.jpg
9月1日(日)クラス夏合宿を行いました。
幼児から大人まで、世代を超えて、皆で楽しい時間を過ごしました。
ここからは、11/23の秋のクラスコンサートに向けて、
皆でがんばってまいりましょう!!!
 
生徒さんたちの楽しそうな様子と、本人とご家族からの感想をお楽しみください。
 

いつもありがとう。
がっしゅくたのしかったよ。
(
4)

 
2回目の合宿に参加させていただきました。前回はとても緊張しながら弾いていたのが印象的でしたが、今回はとても落ち着いて臨むことができました。普段は1日中ヴァイオリンに触れることがないので、集中して弾けるのか不安でしたが、クイズなどもあり、楽しみながら弾くことができました。先生は毎回工夫してレッスンしてくださるので、とても感謝しています。
またお兄さんお姉さんが、小さな子をみてくれていて、心温まるクラスに入会することができ、とても嬉しく思いました。最後のコンサートでは、「こぎつね」を楽しそうに弾いている姿をみて、これからの成長がますます楽しみになりました。(渉 母)

 

高校の部活で始めてから独学で続けてきたヴァイオリンを、きちんと先生の指導のもと身に付けたいとの思いから、就職したことをきっかけに平波クラスに入会しました。自宅で練習する時間を確保できなかったり、仕事の繁忙期には月単位でレッスンをお休みせざるを得なかったり、仕事と自分の時間の両立の難しさを感じることも多いですが、そんな通い方しかできない私をいつも優しく笑顔で受け入れて下さる華映先生のおかげで、楽しく通うことができています。
初めて参加した夏合宿は、皆で一緒に弾く合奏の楽しさを改めて感じ、普段お会いすることのない他の生徒さんとお話しして刺激をいただいた、とても楽しく素敵な1日になりました。(Mina)

 
 

News

2019年6月30日(日)卒業お祝い&勉強会を行ないました♫

190630-1.jpg 190630-2.jpg 190630-3.jpg 190630-4.jpg 190630-5.jpg 190630-6.jpg 190630-7.jpg 190630-8.jpg
 各科卒業の皆さんのお祝いと、今年は独奏勉強会ではなく、数名のグループで、復習曲やアンサンブル曲を演奏、いつもとはひと味もふた味も異なるミニコンサートとなりました。
 ここから今度は、夏の合宿、そして、秋のクラスコンサートに向けて、一人ひとり目標を持って、がんばってほしいと思います。

 
♫生徒さん 保護者感想♫

・最後ちょっと間違えちゃったけど、いい音が出せて良かった。(甚 小2)

 

・楽しかった。俳句を大きな声で言えた。(俊 年中)

 

・息子が2人そろって参加する初めての勉強会になりました。特に下の子はグループレッスンもまともに出ておらず、今回がみんなの前に立つ初めての経験でした。ちゃんとできるか心配していましたが、トップバッターにもかかわらず、嫌がることなくさっと一人で前に出ることができました。ご挨拶もきちんとできました。リズムもやり切りました。最後の俳句は大きな声で言えました。まだまだだと思っていた次男の頼もしい姿を見ることができました。
 お兄ちゃんは、弟をハラハラしながら見ていたそうです。弟の立派な姿を見てやる気が満ちたのか、とってもいい音を聴かせてくれました。発表を聴く姿勢も今までで一番良かったです。始めたばかりの頃は、先生に甘えてばかり、お友達の練習や発表をまともに座って聞くことすらできず、親として本当にやきもきした日々を過ごしていました。
 ゆっくりでしたが、ここまで成長できたのも、平波先生が、本当に息子自身に寄り添って工夫をしてレッスンをしてくださったお陰です。時に厳しく、時に笑顔で。その緩急が子どもにとってもいい刺激のようです。
 そして、どの生徒さんに対しても、その子に寄り添って、真摯に向き合ってレッスンしているのも感じました。今回の勉強会で発表してくれた子どもたちの音が本当に素晴らしかったからです。聴いていて、本当に気持ちのいい音でした!素晴らしい勉強会でした。11月にあるコンサート本番が楽しみです。これからもご指導宜しくお願いします。(甚&俊 母)

 

・久しぶりの発表だったので、とてもドキドキしました。でも、『いい音でひこう!』と思って、音をよく聴いて弾きました。小さいお友だちもたくさんいましたが、みんな格好よくヴァイオリンを弾いていました。お兄さんお姉さんはとても良い音で、指の動きも速くて、『私も早くあのくらいになりたいな』と思いました。(志帆 小3)

 

・和やかな中にも緊張感のある、すてきな勉強会でした。娘はとても緊張していましたが、お兄さんお姉さんたちの演奏を聴くのが大好きなので、とても楽しそうでした。秋のコンサートに向けての目標もできたようです。
 華映先生のあたたかく愛情いっぱいのいつものレッスンが、そのままこのコンサートの雰囲気につながっていて、恵まれた環境の中でヴァイオリンができることを本当にありがたく思った勉強会でした。(志帆 母)


News

2018年11月23日(金・祝)平波華映クラスヴァイオリンコンサートを開催しました!

kae13.jpg kae1.jpg kae2.jpg kae4.jpg kae5.jpg kae6.jpg kae7.jpg kae9.jpg kai10.jpg kae11.jpg kae12.jpg
 今回はアンサンブルを多く取り入れ、また、斉奏曲もみんなの心を一つに合わせて演奏することを目標に、みんなでおけいこに励みました。また一つ大きく成長し、次回が今から楽しみです!
 終了後は、みんなが楽しみなお食事会!笑顔いっぱいですね!今回は指導20年ということで、役員さん中心に楽しい企画で皆さん盛り上げてくださいました。感謝!!!


News

2018年9月2日(日)平波クラスの合宿を開催しました!

180902k-1.jpg 180902k-2.jpg 180902k-3.jpg 180902k-4.jpg 180902k-5.jpg 180902k-6.jpg 180902k-7.jpg 180902k-8.jpg 180902k-9.jpg 180902k-10.jpg 180902k-11.jpg
9/2(日)、恒例のクラス夏合宿を行ないました。
美味しいお料理と自然豊かな環境、当日はみんな朝から張りきってレッスンに臨みました。午後はコンサートと、お楽しみのビンゴ大会!楽しい楽しい夏の思い出となりました。
 
生徒さんたちの楽しそうな様子と、本人とご家族からの感想をお楽しみください。
 

僕がヴァイオリンを続けているのは、人を笑顔にしたり、優しい気持ちにしたいからです。今、僕の一番のファンは曾祖母ですが、もっとたくさんの曲を弾けるようになって、喜ばせてあげたいです。≪歩:小4≫
 
親子でヴァイオリンを奏でられたらと願っていた中、本人がやる気を出したことで平波クラスに入会しました。当初、始めるには早すぎたのではないか、我が子には無理ではないか、と何度も葛藤することもありましたが、そのたびに先生の温かいお言葉やクラスの保護者の皆様に励まされ、今日があります。息子には、ヴァイオリンに向き合った時間を自信に変えて、困難なことにも果敢に挑戦を続ける姿勢を身につけて欲しいと願っております。 ≪歩 母≫

 

娘は合奏が大好きで、小学校の恒例行事の音楽会では皆に呼び掛けして、自主練習を進んでやることをよく担任の先生からお聞きしました。ただ小学校では本番でしか見ることができず、残念ながら普段の練習の様子を知る機会がありませんでした。幸い平波クラスでの合宿を通して、クラスのコンサート用合奏曲の自主練習などを見学する機会がありました。普段は練習をさぼったり後回しにしたりする娘が、楽しく平波クラスのお友だちと各自のパートや、自ら足でリズムを踏みながら合奏を進んでやる姿を見て、仲間の存在や環境の大切さを改めて認識することができました。 ≪慧理 母≫
 
独奏の曲も好きですけど、やっぱりみんなと一緒に合奏することが一番楽しかったです。またいろんな曲やパートをやってみたいです。 ≪慧理:小6≫

 

News

2018年6月24日(日)平波クラス独奏勉強会を開催しました!

180624kh-1.jpg 180624kh-2.jpg 180624kh-3.jpg 180624kh-4.jpg
平波クラスの独奏勉強会を行ないました。昨年度の卒業生のお祝いと、一人ひとり、クラスのお友だちの前で復習曲を立派に演奏しました。今度は11月23日(金・祝)のクラスコンサートを目指してがんばりましょう!!!
 


News

2017年11月19日(日)平波クラスの発表会を開催しました!

171119h-1.jpg 171119h-2.jpg 171119h-3.jpg 171119h-4.jpg 171119h-5.jpg
 独奏、斉奏、そして合奏『おもちゃのシンフォニー』は有志のお父様お母様も演奏(ヴィオラ&おもちゃ)に参加していただきました。終了後は恒例の夕食会。初冬の賑やかな温かい時間となりました。
 

≪生徒&おうちの方の感想≫
   今年の発表会では「おもちゃのシンフォニー」という曲で、私も演奏に参加しました。最初先生に参加を勧められた時は照れと自信のなさで及び腰でしたが、娘と一緒に練習する日々や一緒に演奏したことは普段にない体験で、とても楽しい一時を過ごしました。先生にはとても良い機会をいただき、感謝しています。
   子どもたちそれぞれの発表では、集中を切らさず最後まで曲を弾ききったので母としてはほっとしました。
上手い下手で言えばまだまだなのでしょうが、聴きなれた子どもたちの音が、今では私の一番好きな音になっています。その音を私以外の方にも聴いていただけたうえ、暖かい拍手を贈って貰えたことに「あぁ良かったなぁ」と嬉しい心地になりました。また来年も今より成長した姿を見ていただけるよう、二人三脚で日々の練習に励んで行きたいと思います。≪未唯来&萌々来 母≫
 
日頃聴けないお友だちの演奏を聴けたので良かったです。≪未唯来:小6≫
 
凄く緊張したけど、間違えないで弾けたから嬉しかったです。≪萌々来:小3≫
 
 今回が初めての発表会で、歩みはゆっくりでも、発表会で演奏できたこと、それまでの練習をがんばったことに感動しました。発表会まで毎日、まだ小さいので、ほんの少しの練習時間ですが、よくがんばったと思います。昨年の発表会も見学させていただいたので、自分の子どもの成長はもちろん、他のお子さんの成長も感慨深く、最後のキラキラ星の演奏の時には感動して涙が出そうになりました。このような経験を通じて、何かをやり遂げること、そのために努力を続けることを学んでいって欲しいと思います。日々の練習はなかなか思うようにできないこともあって、親は日々試行錯誤の連続ですが、本人はヴァイオリンを弾けることが嬉しく、先生のおかげで毎回のレッスンが楽しいようで、ともに過ごしたこの親子の時間は、宝物になると思います。≪晋太郎(3歳)母≫

 

News

2017年9月3日(日)平波クラス 夏恒例のクラス合宿を開催しました!

170903-1_20170927180229065.jpg 170903-2_20170927180229065.jpg 170903-3.jpg 170903-4.jpg
今回は生徒さんのおうちで経営されている旅館をお借りしました。初めての会場でみんなウキウキ!いざレッスンが始まってみると、普段のレッスンの何倍も?立ち通し・弾き通し♪♪♪
 
グループレッスンに、アンサンブル、先生とお母様の時間、美味しいお昼でホッとして、またまたレッスン、そして最後は恒例の?お待ちかね『ビンゴ大会!』
ヴァイオリン漬けの楽しい一日でした!!!
 

・和輝たちが落ち着いてレッスンを受けることができていて、成長が分かり、面白かった。(和輝&知己父)
・小さい子どもたちが長い時間なのに参加できていてすごい。我が子も、やるときは集中して練習できるようになった。繰り返しの成果だと思います。(和輝&知己母)
・御飯がすごくおいしかった。練習もよくできたと思う。最後のくじが楽しかった。和輝(小5)
・みんなで練習できて楽しかった。知己(小3)

 

・合宿ありがとうございました。一日中ヴァイオリンに触れることは滅多にないことなので、とてもいい経験になりました。帰ってきた次の日の練習で、いつもよりも音が安定していて、心なしかひとまわりお姉さんになって弾いているみたい☆(^_^)☆主人もびっくりして、すごい音がしっかりしてきたな〜、音程がバッチリじゃん!とたくさん褒めてくれました。とても本人も嬉しくなって、いつもよりたくさん練習していました。合宿はたった1日でしたが、ちょっとは自信ついたかな(^_^)
先生方やお兄さんお姉さん、そして、自分よりも小さい子たちの存在が大きいなぁと思います。年少から始めて、レッスンではソファにゴロゴロしたり、泣いてできなかったり、恥ずかしかったりして、長い間大変でしたが、先生がいつも優しく支えてくださったので、私も子どもも続けて来られたと思います。子どもの成長に、本当に感謝です!(花楓母)
・こぎつねのきょくで、きるのがむずかしかったけど、たのしかった。花楓(小1)

 

News

2017年6月25日(日)平波クラス独奏勉強会を開催しました!

hira0625-1.jpg hira0625-2.jpg hira0625-3.jpg hira0625-4.jpg hira0625-5.jpg
平成28年度卒業生の証書授与式で卒業生のお祝いをし、続いて、生徒一人ずつの独奏会を行ないました。秋の発表会とは違い、独奏会は復習曲の中から、私と相談で曲を決めて、この日に向けて各自おけいこに励みました。最後にみんなで記念撮影をしました。
 


生徒さんの母親から
 スズキ・メソードの音楽で人を育てる方針にとても共感したので、0〜3歳児コースに入りました。そこでの体験を通して、その考え方にさらに共感できると思えたので、ヴァイオリン教室に進みました。
 
 とにかく印象深いのは、グループレッスンです。2巻に進んでいる子も、始めたばかりの子も、同じ場所に集まり、同じレッスンを受けることが印象的でした。月に一度は顔をあわせることで、仲間意識やライバル意識など、様々なことを学べるとてもいい場だと思います。
 
 息子の進み具合に合わせるのももちろんですが、幼い子の心の成長(コロコロと感情が変わったり、落ち着けなかったり)にもしっかり向き合って、その子に合わせて工夫したレッスンをしてくださることが、嬉しいですね。特に個人レッスンでうまくできないことを、グループレッスンでも「みんなで練習を見直そう!」と言ってやってくださるので、自分一人ではなく、みんなんでがんばった時の方が、息子もやる気が出て取り組んでいます。そうしたご配慮にいつも感謝しています。
 
 繰り返しになりますが、生徒一人ひとりの成長に合わせて指導を工夫してくださる、とても素晴らしい先生です。明るく優しさにあふれ、しかも根がしっかりとしてぶれていない、スズキ・メソードの精神をしっかりと理解され、生徒を育ててくださいます。≪甚(年中)の母≫

生徒さんの母親から
 知人が幼少のころからスズキ・メソードのヴァイオリン教室に通っていましたので、いつかは、と考えておりました。先生はとても優しい方で、自由奔放なうちの子どもでさえ、穏やかに受け入れてくださったことに、とても感謝いたしております。
 
 個人レッスンでは、子どもの演奏を必ず褒めてくださり、直す箇所はわかり易く的確に指導してくださいます。グループレッスンも、楽しい交流の場としてのレッスンだけではなく、立ち姿・弓の持ち方等々初歩から妥協なく確認し教えてくださいます。上級生の演奏を聴いたり、レッスン後のお茶会でお友だちとお話をしたりと、ヴァイオリンを通して目線が広がり、とても良い刺激を受けているように思います。毎日十分なお稽古をすることは難しく悩ましいのですが、それでも、楽しみながら一生続けていってほしいと願っております。≪東古(小5)の母≫